グローブ検索サイトとは

チーム別

読売ジャイアンツ
ヤクルトスワローズ
横浜ベイスターズ
中日ドラゴンズ
阪神タイガース
広島東洋カープ
日本ハムファイターズ
楽天ゴールデンイーグルス
西武ライオンズ
ロッテマリーンズ
オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス
メジャーリーガー
引退した選手
野球グローブコラム一覧



野球グローブの選び方

初めてのグラブ選び

野球のグローブには、硬式用・軟式用・ソフトボール用の3種類があります。
そして守備のポジションによってグラブの形や大きさも異なります。


野球グローブの選び方

まだポジションが決まってないようなら「オールラウンド用」を選ぶとよいでしょう。
オールラウンド用はキャッチャーを除く全てのポジションを対象としたグローブです。

ボールを捕り易いように作られているので、野球を初める方にお勧めの基本となるグローブです。
キャッチャーとファーストは特別な形をしたグローブなので、あらかじめポジションが分かっている場合はそれぞれ専用のグローブを選ぶとよいでしょう。

サイズは事前に充分確認してから購入しましょう。
グローブのサイズはコチラ

最近ではイチローモデル、ダルビッシュモデル、松井モデル、杉内モデルなどプロ野球選手が使っているグローブをそのまま小さくした少年用などもあります。

最初は子供の好奇心とモチベーションを考慮してプロモデルもいいでしょう。
また小学生の場合は成長を考慮して大き目のグローブを選びがちですが、「グラブがゆるくて簡単に手から抜けないか」、「グローブがしっかり閉じることができるか」などを考慮して現在の手に合ったグローブを選んだほうがよいでしょう。

グローブの材質では、天然皮革と合成皮革のグローブがあります。
継続して野球をするなら天然皮革のグローブがよいでしょう。

使っていくほど手になじんで柔らかくなり、自分の手に合った形になっていくので、捕り易いグローブになっていくでしょう。
また、日々手入れをすることでツヤと味が出て愛着のあるグローブになるでしょう。

自分に合ったグローブであれば手頃な価格でも問題ないでしょう。
少年用の軟式グローブはだいたい5,000〜10,000円程度、大人用で8,000〜12,000円程度が多く出揃っています。(あくまで目安です)