グローブ検索サイトとは

チーム別

読売ジャイアンツ
ヤクルトスワローズ
横浜ベイスターズ
中日ドラゴンズ
阪神タイガース
広島東洋カープ
日本ハムファイターズ
楽天ゴールデンイーグルス
西武ライオンズ
ロッテマリーンズ
オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス
メジャーリーガー
引退した選手
野球グローブコラム一覧



斎藤佑樹選手のグローブについて

斎藤佑樹選手

日本ハム斎藤佑樹選手は、ミズノ社製のグローブを使っています。
こちらはブラックのグローブとなっています。


日本ハム斎藤佑樹選手が使っているグローブ


ハンカチ王子としてお馴染みになったのは昔。
最近はどのようなグローブなのでしょう。一緒に見て行きます。まず投手としての機能が盛り込まれたグローブと言えます。

ワンポイントウェブと呼ばれる、一枚の革でできたウェブなになっています。
斎藤投手が使用するグローブは「グローバルエリート プロフェッショナルオーダー」で、グローブの特徴はウェブ部分に1枚革のタイプを取り入れ、ウェブの両端に小さな穴を開けています。

これ結果、ウェブの柔らかさが向上し、グローブの開閉がよりスムーズに行えるようです。
素材は牛革(天然皮革)を使用し、色はディープブルーメッシュとなっています。

ボールを捕球する際に生じるグラブ内部の圧力を特殊センサーで測定。
ポジション特性に応じて力の伝達をサポートする設計により、グラブ先端まで思い通りの操作が可能になっています。


ミズノ斎藤佑樹選手が使っているグローブ


こちらはオレンジのグローブとなっています。
隙間をなくし球種を打者に見破られないように対策をしているのです。牛革も厚くて硬そうです。

ボールを握るときに多少手が動いても、この厚さと硬さなら見えません。
ハミダシも含め全体的に言えることです。そして、指カバーもあります。これも厚く硬いです。

グローブをはめている方の指では球は握りませんが、微妙な癖が出ることがあります。
カーブのときは人差し指が動くなどです。それを防ぐためのグローブの指カバーです。 斎藤佑樹投手はMIZUNOとアドバイザリープロスタッフ契約を結んでいます。
契約した用具はバット、グローブ、スパイク、リストバンド、打撃手袋です。

また、斎藤投手が使用するスパイクは「ミズノプロ オーダー」で、 スパイクの特徴は非常に柔らかい「ロベニカエナメル」と、多くのプロ選手が使用している「ライトップソール」を採用。

上質な履き心地と、軽量化が図られています。


高校・大学斎藤佑樹選手が使っているグローブ


高校・大学時代からミズノを使用しています。
早大時代からは、あの工藤選手のモデルグローブを使っていたそうです。このときもオレンジのグローブでした。

今はミズノと契約して、いくつもの色のグローブを使っています。その日の調子により使い分けているのかもしれませんね。

素材はロベニカエナメルを使用し、色はブラック×ホワイトとなっています。

ちなみにMIZUNOは、日本のプロ野球選手で60人以上と契約しています。
アドバイザリープロスタッフ契約を結んだこともあり、斎藤モデルが発売されています。

斎藤佑樹選手が使っているグローブを探す


*選手が使っているメーカーと、このサイトで紹介しているメーカーが違うケースもありますのでご了承ください。試合やシーズンによってグローブを変えている選手もいますので、あくまでもご参考程度の留めておいてください。