グローブ検索サイトとは

チーム別

読売ジャイアンツ
ヤクルトスワローズ
横浜ベイスターズ
中日ドラゴンズ
阪神タイガース
広島東洋カープ
日本ハムファイターズ
楽天ゴールデンイーグルス
西武ライオンズ
ロッテマリーンズ
オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス
メジャーリーガー
引退した選手
野球グローブコラム一覧



今井達也選手のグローブについて

今井達也選手

今井達也投手のグローブはミズノです。
高校時代からミズノを使っているのが分かります。
カラーはビターオレンジとナチュラルを使っているようですね。


今井達也選手が使っているグローブ


写真を見ると裏の「ランバードマーク」(ミズノのマーク)が若干ずれた位置にあります。
この造りから投手用で絞っていくと、グローバルエリートの「FCライン」か「G gear」ではないかと考えられます。

どちらもトリプルXで指カバーが付いています。
違いはFCラインがタテ型タイプで、G gearはヨコ型になります。


今井 西武 グラブ


タテ型タイプとヨコ型タイプですが、土手(手首の部分)の縫い方によって2つのタイプに分かれます。
親指と小指で挟むように握るのが縦型は上から投げ下ろすタイプのピッチャーがよく使っていますね。

しっかりグラブを閉じたい選手やサイドスローの選手はヨコ型タイプを使うことが多い印象です。

革はもちろんグローブの中では最高ランクですね。
FCラインとG gearはどちらも定価で5万円近くします。

軽さもありますし、はっ水性という面においてもいいと思います。
柔らかさのレベルもかなり高そうですが、芯の部分はとてもしっかりしていますので扱う際の可動域も広いですね。

またベルト裏の起毛部分も柔らかい毛を使っていて、肌触りがよさそうです。
ポケットは投手だけあって多少深く、いわゆる土手エリアも広く作られていますね。

また、親指から人差し指にかけて余裕を残して作られているので球なじみがいいと思います。


今井達也 ミズノ


ウェブに関しては投手なので球種バレを防ぐため全面が覆われています。
球種バレを防ぐためといえば、このグローブは土手エリアが広いことや指のカバーも有効ですね。

その分、ヘリ革の部分は薄く、手の甲が広く空いている印象ですね。
この場合グローブは掴みやすく、手にフィットしやすいといえるでしょう。

ダイナミックな投球フォームの投手には有利なのかも。
芯とじに関しては縦方向に閉じてあるので、しっかり型崩れを防ぎますね。

大きさもちょうどよく、テイクバックを取った時脇に違和感なくしっかり収められるんじゃないでしょうか。

ベルトレースも調整しやすい仕様になっています。
指レース部分もしっかりと編みこんであり、捕球時のファンブルも格段に少なくなります。

今井達也選手が使っているグローブを探す


*選手が使っているメーカーと、このサイトで紹介しているメーカーが違うケースもありますのでご了承ください。試合やシーズンによってグローブを変えている選手もいますので、あくまでもご参考程度の留めておいてください。