グローブ検索サイトとは

チーム別

読売ジャイアンツ
ヤクルトスワローズ
横浜ベイスターズ
中日ドラゴンズ
阪神タイガース
広島東洋カープ
日本ハムファイターズ
楽天ゴールデンイーグルス
西武ライオンズ
ロッテマリーンズ
オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス
メジャーリーガー
引退した選手
野球グローブコラム一覧



森友哉選手のグローブについて

森友哉選手

西武の森友哉選手はZETTのキャッチャーミットを使用しています。
森選手のキャッチャーミットはかなり大きめに見えます。プロ野球選手としては小柄な体格の森選手なので、その分ミットが大きく見えるのかもしれませんが、実際のサイズも通常よりは若干大きめだと思われます。


森友哉選手が使っているグローブ


ライナーバック仕様で、人差し指部分は指当てのクッションが取り付けられています。
試合でも左手に手袋を着用せず、素手にミットを嵌めていることが多いので、指の保護よりもキャッチングの感覚を優先しているのでしょう。

捕球面は、親指と小指の両方の芯が薄くなっています。そのためポケットは必然的に広くなり、深めになっています。

芯が薄くポケットが広いミットはボールの収まる範囲が広がるだけでなく、ピッチャーから見るとミットという「的」が大きく見えるというメリットもあります。


ZETT 森友哉 グラブ


ミットのカラーは黒をベースにしたオレンジとのツートーン仕様になっています。
高校時代、あまり道具にはこだわりが無いと語っていた森選手ですが、プロの世界で活躍するために試行錯誤した形が現在のミットなのでしょう。

森友哉選手が使っているグローブを探す


*選手が使っているメーカーと、このサイトで紹介しているメーカーが違うケースもありますのでご了承ください。試合やシーズンによってグローブを変えている選手もいますので、あくまでもご参考程度の留めておいてください。