グローブ検索サイトとは

チーム別

読売ジャイアンツ
ヤクルトスワローズ
横浜ベイスターズ
中日ドラゴンズ
阪神タイガース
広島東洋カープ
日本ハムファイターズ
楽天ゴールデンイーグルス
西武ライオンズ
ロッテマリーンズ
オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス
メジャーリーガー
引退した選手

今江敏晃選手のグローブについて

今江敏晃選手

ロッテの今江選手はASICSのグローブを使用しています。
何度もゴールデングラブ賞を獲得している今江選手はグローブへのこだわりも強く、個性的な仕様のグローブとなっています。


今江敏晃選手が使っているグローブ


内野手用の中では大きめのサード用で、速い打球を逆シングルで処理するときも確実に捕球するために深めのポケットになっています。

その一方でダブルプレーなど素早い送球が可能になるよう、人差し指を前面に押し出してボールを浅く捕ることも出来るようにしているそうです。

これら全てのプレーを確実にこなすために、人差し指から手首までの縦のラインでしっかりと軸を作るのが、グローブの形付けのこだわりということです。

また、指の感覚が各指に伝わるように、指と指をつなぐ革紐は締めすぎず、適度に緩められています。
バックスタイルも印象的なトリプルシャンクを採用。これは人差し指と中指のバックに3本のラインを入れ、より強度を高める仕様になっています。同じくバックの革は通気性を良くするパンチング加工がされています。

ウェブは、以前はノーマルなクロスウェブを採用していましたが、現在はI2という品番のセカンド・ショート向きのウェブを採用しています。

ネームの刺しゅうも独特で、千社札をモチーフにしたネームを手の甲のベルト部分に入れています。

今江敏晃選手が使っているグローブを探す


*選手が使っているメーカーと、このサイトで紹介しているメーカーが違うケースもありますのでご了承ください。試合やシーズンによってグローブを変えている選手もいますので、あくまでもご参考程度の留めておいてください。