グローブ検索サイトとは

チーム別

読売ジャイアンツ
ヤクルトスワローズ
横浜ベイスターズ
中日ドラゴンズ
阪神タイガース
広島東洋カープ
日本ハムファイターズ
楽天ゴールデンイーグルス
西武ライオンズ
ロッテマリーンズ
オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス
メジャーリーガー
引退した選手
野球グローブコラム一覧



篠塚和典選手のグローブについて

篠塚和典選手

元読売ジャイアンツでプレーしていた篠塚和典選手はMIZUNOのグローブを使用していました。


篠塚和典 グラブ


ジャイアンツの黄金時代を支えた名プレーヤーの一人でもある篠塚選手は、セカンドのポジションで2度のゴールデングラブ賞を獲得しています。

それだけにグローブへの拘りも強かったと思われますが、現在のグローブに比べると、当時のグローブはカラーやデザインなど外観の上では非常にシンプルに見えます。


篠塚和典 グラブ


篠塚選手のグローブは内野手用の中でも最も小さいサイズで、指の部分もかなり短く作られています。
特に内野手の場合、素手に近い感覚でグローブを使いたいという意図から、小さめのグローブを好む選手は少なくありません。

きっと篠塚選手も、そのような感覚をグローブに求めていたのでしょう。
サイズが小さいだけでなくポケットの部分も全体的に浅く作られており、ボールを掴むというより、当てて止めるだけの感覚で使う、いわゆる「当て捕り」でプレーしていたと思われます。

レギュラーバックにノーマルなヨコトジ、当時から内野手用の主流だったディープタイプのウェブなど、まさに現在の内野手用グローブの原型ともいえるグローブとなっています。

篠塚和典選手が使っていたグローブを探す


*選手が使っているメーカーと、このサイトで紹介しているメーカーが違うケースもありますのでご了承ください。試合やシーズンによってグローブを変えている選手もいますので、あくまでもご参考程度の留めておいてください。