グローブ検索サイトとは

チーム別

読売ジャイアンツ
ヤクルトスワローズ
横浜ベイスターズ
中日ドラゴンズ
阪神タイガース
広島東洋カープ
日本ハムファイターズ
楽天ゴールデンイーグルス
西武ライオンズ
ロッテマリーンズ
オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス
メジャーリーガー
引退した選手
野球グローブコラム一覧



小川泰弘選手のグローブについて

小川泰弘選手

小川泰弘選手はウィルソン社製のグローブを使っています。
小川投手自体が投手としては割と小柄なため、どうしてもグラブ自体がちょっとと大きく見えることもありますね。

大学時代からこのメーカーだそうです。
ウィルソンのグローブは適度な張りがあることが特徴で、手にはめて握ったときにスムーズなところが気に入っているとのこと。

小川投手の使用しているグラブのウェブ部分には、あまり見ないデザインが採用されています。
ウェブ部分をよく見てみると、アルファベットの「Y」のような文字が描かれているようにも見えますよね。


小川泰弘選手のグローブについて


これは何を意味しているのか?は定かではありませんが、「ヤクルト」の「Y」、または泰弘の「Y」なのかもしれないですね。

捕りやすいのと投げやすいとインタビューで答えています。
投げやすいは分かるのですが、捕りやすいはどういうことなのでしょう。それは、小川選手の投球フォームの特徴を考えると見えてきます。

小川選手の下半身の強さに由来がありそうです。投球フォームの重心をかなり低めに置いていることが分かると思います。

例えばバント処理の場合、投球後すぐに守備につきます。
個人差はあるでしょうが、大きく足を開いて投げきった後すぐ次の動作に入るのは至難の業です。

それを補うために、ボールを「捕りやすい」グローブを選んでいるのでしょう。
手にスムーズなのは、投球フォームが独特なため、投球時にそちらにチェックできるよう、グローブに余計な違和感がないようにしているのでしょうね。

小川投手の場合はピッチングフォーム自体が独特で、その小さい身体を補うようにして非常にダイナミックに投げていますね。

彼が使っているグラブ自体も、バッターからは球の握りが見えないようにウェブ部分は完全に隙間なく作られており、様々な球種をコーナーに投げ分ける投球術をグラブも一緒になって支えていると言えるのではないでしょうか。

小川泰弘選手が使っているグローブを探す


*選手が使っているメーカーと、このサイトで紹介しているメーカーが違うケースもありますのでご了承ください。試合やシーズンによってグローブを変えている選手もいますので、あくまでもご参考程度の留めておいてください。