グローブ検索サイトとは

チーム別

読売ジャイアンツ
ヤクルトスワローズ
横浜ベイスターズ
中日ドラゴンズ
阪神タイガース
広島東洋カープ
日本ハムファイターズ
楽天ゴールデンイーグルス
西武ライオンズ
ロッテマリーンズ
オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス
メジャーリーガー
引退した選手
野球グローブコラム一覧



山田哲人選手のグローブについて

山田哲人選手

山田哲人選手はローリングスジャパン社製のグローブを使っています。
あまり聞き覚えがないかもしれませんが、選手の間では有名なメーカーです。

元々アメリカのメーカーで、アメリカは牛革の供給量は日本とは段違いです。牛革をグローブに使うため、たくさんの種類の牛から選手に合った柔軟な皮を選べるということです。
東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手のグラブは内野手用で特にセカンド用のグラブですから、デザインは典型的なものなのですが、彼の場合はグラブをいくつも持っていて使い分けているのでしょうか。


山田哲人選手のグローブについて


結構同じ年度でも、色の形はほぼ変わりませんが、色の違うグラブをはめているのに気付きます。
ただ、これはもしかしたら山田選手の場合は、練習用と試合で使うグラブを使い分けている可能性もありますね。

練習用のは主に黒のデザインで、試合で使うものはライトブラウンのようです。
練習用と思われるものは久保田スラッガーを使っているときもあります。色以外に見た目にそれほど大差は無いように思います。

山田哲人選手のグローブは、内野手にしては大きいです。
加えて、ハミダシとハミダシの間が空いています。内野手は通常こういったグローブは使わないのですが、二塁手の山田選手なりの算段がありそうです。

二塁手から一塁手への送球は、どの内野手よりもっとも近い距離でできます。
走攻守そろった選手ではありますが、グローブを大きくすることによって、まず球を外野まで抜けさせないようにしているのでしょう。

球を捕ったり手前に落としたりさえすれば、後は落ち着いて投げるだけです。ファンブルしてしまってもアウトにできます。捕球することに特化したグローブなのでしょう。

割とコンパクトなサイズのグラブのように思いますけど、これは自身が動きやすいそうに考えられたものかもしれません。
セカンドなので、横の動きも大きいですし、まずは打球に追いつくことを最優先して作られたモノではないでしょうか。

山田哲人選手が使っているグローブを探す


*選手が使っているメーカーと、このサイトで紹介しているメーカーが違うケースもありますのでご了承ください。試合やシーズンによってグローブを変えている選手もいますので、あくまでもご参考程度の留めておいてください。