グローブ検索サイトとは

チーム別

読売ジャイアンツ
ヤクルトスワローズ
横浜ベイスターズ
中日ドラゴンズ
阪神タイガース
広島東洋カープ
日本ハムファイターズ
楽天ゴールデンイーグルス
西武ライオンズ
ロッテマリーンズ
オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス
メジャーリーガー
引退した選手
野球グローブコラム一覧



川端慎吾選手のグローブについて

川端慎吾選手

東京ヤクルトスワローズの川端慎吾選手はSSK社製のグローブを使っています。
川端慎吾選手のグラブはSSK製のキャメル色のグラブを長く使っており、特にグラブを手にはめたときのフィット感を特に大切にして、選んでいると語っています。

川端選手のグラブの特徴というか、こだわりのポイントは実は土手の部分にあります。
川端選手曰く、強くて速い打球ほどグラブの土手にあたりやすいのですが、それを確実に捕球するために、このグラブの土手の部分にシワができにくいものを選んでいるそうなのです。


川端慎吾選手のグローブについて


川端選手の愛用のグラブは、そのシワができづらいために、どんな打球が飛んできても安心して捕球できると言います。

高校時代からずっとSSKだとインタビューにも答えています。

グローブでは、特に皺ができないことを重視しているそうで、土手の部分に皺がなければ捕球するときにボールを弾かないそうです。
内野手でゴロをさばくことが多いですし、速く強い打球も多いです。安心して補給するための工夫のようです。

皺ができにくいとなると丈夫で重い素材を使いそうですが、神宮球場の内野は球足が遅いです。
プロならホームグラウンドの地の利も活かすグローブを設計し使い分けます。

確実にボールを捕球できる川端選手のグローブが神宮には合っていそうですね。
また、サードの守備につく際は大きめのグローブを使っています。ファンブルしてしまっては次の動作に移れないので、それを避けるための工夫と言えます。

加えて確実にボールを捕球するために、ポケットが小型になっています。
捕球のためでもありますが、ポケットの中でボールを固定してから体重移動をスムーズにして送球できるためでもあるようです。

川端選手はホットコーナーと言われるサードを主に守っていますから、特に強い打球は飛んできやすいですよね。
彼のグラブを見てみると、土手の部分も含めて、非常にグラブの可動部分が大きく、開ける範囲が広い気がします。これはどんな打球もまずグラブ収めることを意識してのことかもしれないですね。

川端慎吾選手が使っているグローブを探す


*選手が使っているメーカーと、このサイトで紹介しているメーカーが違うケースもありますのでご了承ください。試合やシーズンによってグローブを変えている選手もいますので、あくまでもご参考程度の留めておいてください。