グローブ検索サイトとは

チーム別

読売ジャイアンツ
ヤクルトスワローズ
横浜ベイスターズ
中日ドラゴンズ
阪神タイガース
広島東洋カープ
日本ハムファイターズ
楽天ゴールデンイーグルス
西武ライオンズ
ロッテマリーンズ
オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス
メジャーリーガー
引退した選手
野球グローブコラム一覧



由規選手のグローブについて

由規選手

東京ヤクルトスワローズの由規選手はミズノ社製のグローブを使っています。
使用しているグローバルエリートは、ミズノ製の製品の中でもちょっとロゴのデザインが違いますから、見る人によっては気付くと思います。

由規投手のグラブは、ウェブ部分はタータンYA2という非常に珍しいデザインが採用されています。
このウェブ部分はよく見ると、あまり見かけない模様のようなものを描かれているのです。

これ何かな?と思って、よく見たら「YS」にも見えてくるので、恐らく「ヤクルトスワローズ」を表しているのではないかと思います。
チームへの愛着のようなものが、こうしてグラブにも表れていると、ファンとしても応援したくなりますよね。

由規投手のグラブは土手の部分から全体にかけて可動域がかなり大きいように見えます。
ウェブの部分も含めて、打者にボールの握りが見えないように工夫をしているのではないでしょうか。

由規投手はちょうど顔の前でグラブを構えてから、投球動作に入りますからね。


由規選手のグローブについて


速球投手の本格派右腕ですが、グローブへのこだわりは自分の弱点を補うことを念頭に入れて設計されたようです。

由規選手はフィールディングに自信がないとインタビューで語っています。
そんなイメージはありませんが、バント処理など投手は投げるだけではありません。

そのため、軽さを重視しているそうです。一歩でも速く球に近づけます。
また、同じ意味合いでギアにもこだわりがあるそうです。

とても汗かきで、グラブをはめる手にもロージンをつけるくらいだとか。そのため手の甲の高さを、隙間なくグローブに近づけるよう調節しているそうです。

汗をかいたときにグローブと手の甲が離れていると、滑りやすくなりますからね。
速い球を投げて注目された由規投手ですが、こんなに繊細な部分があったようです。

グローバルエリートというミズノ社製のブランドを使う第一号に選ばれたのは、グローブへの愛があったからなのかもしれません。

由規選手が使っているグローブを探す


*選手が使っているメーカーと、このサイトで紹介しているメーカーが違うケースもありますのでご了承ください。試合やシーズンによってグローブを変えている選手もいますので、あくまでもご参考程度の留めておいてください。